So-net無料ブログ作成

冷温保存の為の冷蔵倉庫

近年、お米や穀類の冷蔵保存が確立されてきました。

これは米などに関するだけではなく、豆類や穀類全般に渡り

業務用の蕎麦粉やコーヒーの生豆に関するものまで様々です。



やはり日本は夏の高温と湿度が原因で品質が劣化する可能性が高いです。

この為、低温管理が出来る冷蔵倉庫や低温用の冷蔵庫の重要が高まっています。

大規模な収穫を得ている米農家のお宅では大型の低温用の冷蔵庫が必須であり

また、手打ち蕎麦屋さん等は蕎麦粉の劣化を恐れ、米用の冷蔵庫を導入し始めました。



大手食品メーカーなどは冷蔵庫ではなく低温用の冷蔵倉庫で米や豆類を管理し

13℃の管理目標でやっている倉庫が多いです。

目的として米の甘みを確保したり、豆類の劣化を防ぐ為に多く用いられています。



この動きが家庭にも浸透し始めている昨今

家庭用ワインセラー等での代用も可能だと云う事が分かりました。

絶対量は入りませんが、米に始まり家庭で焙煎するコーヒーの生豆や

黒豆の保管や小豆の保管なども出来ます。

ポップコーン用のトウモロコシや鶏の飼料になる餌などの保管で

活躍している部分があります。



低温用の冷蔵倉庫は冷凍倉庫に比べ数は少ないですが

品質の管理の事を考えれば、もう少し需要が伸びる事は間違いないです。

     
PR 千葉 冷蔵倉庫                               
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。